山勢拓弥がカンボジアでKumaeを作ったきっかけは?経歴やプロフィールも調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スポンサーリンク

バナナペーパーってご存知ですか?

今回私も初めて知ったのですが収穫の終わった「バナナの茎」って

伐採して捨てちゃう。

らしいのですが、

今回ご紹介する「山勢拓弥」さん

彼はその「バナナの茎」を使って「紙」を作り

カンボジアのゴミ山で働く人々に少しでも雇用を生んであげたい。

という、とてもステキなイケメン好青年です!

現在でも地道な努力を続け、少しずつですが山勢拓弥さんが思うことが叶い始めているようです。

今回はそんな山勢拓弥さんがカンボジアへ渡ったきっかけや活動を調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

山勢拓弥がカンボジアで働くきっかけは何?

カンボジアといえば、代表的な世界的観光名所

「アンコールワット」

こちらで有名な国ですよね、近年では旅行者も多くなってきており、

2020年までに年間700万人の旅行者が訪れると予想されています。

そんなカンボジアを山勢拓弥さんが初めて訪れたのは19歳の時です。

知人のボランティアに付き添う形で来たのがきっかけです。

アンコールワットの街・シェムリアップから車で30分くらいの

「アンルンピー村」で現在も頑張っているのですが、

初めてきた時は「ゴミ山の悪臭」に驚き、なんでこんなところで働いているのだろうと思ったそうです。

さらにそこにはガラスの破片や注射器の残がいなどもあったそうで衝撃を受けたと話しています。

正直な話、日本に住んでいれば驚く人間の方が多いですよね、そんなことほぼないですからね。

ただ、そこで何を思うか?だと思うんですね。

山勢拓弥さんは、このゴミ山で働いている人たちに対して

ゴミ山で働かなくても良いシステム(雇用)を作りたい

と考えたそうです。

その後ボランティアから帰国して、当時通っていた獨協大学を休学して再度カンボジアへ

この時点でご両親は反対されていたようですね。
山勢拓弥さんのご両親はともに「看護師」のお仕事をされていたので、知識がある分さらに心配をしたのではないでしょうか。

そしてこの休学でカンボジアへの想いはさらに強くなり、大学は中退し、本格的にカンボジアて働くこととなります。

山勢拓弥さんの職業や会社は?

自分の想いを貫き、カンボジアで働く事を決めた山勢さんは、まず現地の旅行会社で働きながら活動していたのですが

2013年に一念発起して貯蓄していた「30万円」

「一般財団法人 Kumae(クマエ)」を設立

事業内容としまして

・ゴミ山で働く人たちにバナナペーパーの製造工場を建設し雇用

・子どもたちに日本語を無料で教育

・カンボジアツアーのガイド(山勢拓弥さん本人が行うようです。)

kumaeの公式サイトをみて、ビックリしたのですが

アンルンピー村のゴミ山で働く子供たちに

「将来なりたい職業はなんですか?」とアンケートをとったところ。

9割の子供が「知らない。」「分からない」という回答だったそうです、

そして大人の方にも「できればゴミ山で働きたくないですか?」と聞いたところ

約半数が「働きたくない。」という回答だったそうです。少し疑問符が、、、

半数??あれ少ない??と思いますよね?

実は正直なところ「アンルンピー村」自体には、あまり仕事がなくアンコールワットのあるシェムリアップと比べると明らかな「貧困の差」があるのです。

さらに、ゴミ山から空き缶やお金になるものを集めていけば、
シェムリアップの家庭と同等くらいの暮らしはできるんですね、だから大人は「約半数」という結果になるんですね。そして子供は他に仕事があることすら知らないという状態です。

ゴミ山で働くことを「稼げるのならいいのでは?」と思うかもしれませんが、お金と引き換えに

「健康」と「安全」

この2つの保証はないようです。

複雑ですよね、私も子を持つ親なので、、食べさせる為なら、、でも孫の顔は見たい。

そこへ山勢拓弥さんが来て「Kumae」を設立

始めは3人だった従業員も今では9人になっているそうです!まだまだ増やせるといいですね!!

従業員の主な収入源は「バナナペーパー」と呼ばれるバナナの茎から作られた紙です。

手間暇かけて作られて、作業を見ているとすっごく大変そうなんですが

「仕事は楽しいですか?」の問い

「当たり前じゃない、何言ってるの?」

と答えていた従業員がめっちゃ笑顔でした。

すごく素晴らしいお仕事をされているなと感動しましたね。

そして山勢拓弥さんの給料ですが、事業の一つである

「カンボジアツアー」のガイドさんでほとんどの生計を立てているそうです。もうすごすぎて敵わないですね。

お客さんも週に1組のペースで来るそうなので忙しい方ですね。

日本語教室の方は、始めたばかりの時は90人ほど生徒がいたようですが本気で将来を目指してもらう方向に向かうため、スパルタ教育にシフトチェンジされたようで14名の頑張り屋さんが将来に向けて励んでいるようです。

山勢拓弥さんのプロフィールとまとめ!

それでは最後に山勢拓弥さんのプロフィールを見ていきたいと思います!

『名 前』山勢拓弥(やませ たくや)

『生年月日』1993年8月9日

『出 身』東京都生まれ→福岡育ち

『高 校』明治学園高校

高校時代はサッカー部のキャプテンとして活躍もされていたようです、若干やんちゃな時期もあったようですが、カンボジアに出会い素晴らしい社会人となっています。

ご本人はこれから先もカンボジアから出るつもりはない!と話していました。

ここまで一生懸命になれる山勢拓弥さんが少し羨ましいです!!これからも応援していきたいと思います!それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク