津田恒美の息子の想いを込めた日本一周!津田恒美記念館の場所(候補地)は?

皆さん、こんにちは、

広島東洋カープの投手で

「炎のストッパー」と言えば

津田恒美投手ですね、懐かしく思う方もおられるのではないでしょうか。

1993年7月20日に32歳という若さで永眠されました。

今回は、その津田恒美投手の息子

津田大毅さんについてさらに

津田恒美記念館

ご紹介したいと思います、現在津田恒美記念館へ向けての日本一周など気になることを調べてみました。

津田大毅さんのwiki的プロフィールは?

出典:https://twitter.com/daiki141016

【名 前】津田大毅(つだ だいき)

【生年月日】1988年10月16日生まれ

【高 校】九州学院

【大 学】九州国際大学

小学校3年生から野球を始め、大学まで続けてきました。

九州国際大2年の頃に東京国際大学に編入するのですが、

これは当時東京国際大学野球部の古葉竹識監督が、父・津田恒美が広島東洋カープに入団したときの監督だったので

古葉監督を師事したのではないかなと思われますね。

「津田の息子」と呼ばれ幼い頃からつらいことも多く良かった事はほとんどなかったと話しています。

有名人や経営者の息子と呼ばれる子供達は周りから見るとすごく羨ましい環境に見えますが、以外にも「嫌だった」という声も多く本人たちは悩んでいることが多い気がします。

大毅さんも「津田の息子」と呼ばれ

俺は「おまけ?」

と悩み、苦労されていました。

大学を卒業後は埼玉県の冠婚葬祭関係の会社で3年半はたらき、

家庭用医療機器メーカー、外資系ビール会社、さらにはMCなど様々な経験を積んでこられました。

父と向き合うことを決めて。

そんな幼い頃から「父親の名前」と戦ってきた大毅さんですが、ついに向き合うことにしました。

お父さんが亡くなったのが4歳。

物心付くか付かないかとい年齢ですからね、憶えていない方が当たり前ですよね

文句を言いたくても言えない。

お母さんには父親の事はほとんど聞いた事はなかったそうです。きっとお母さんも息子が悩んでいる事で悩んでいたかもしれないですね。

父親と向き合う!

そしてついに、父親と向き合うことを決めた時、

今まで津田恒美を忘れないでいて下さった方々に記念館を作りたい。

そうすることでお父さんと少しでも向き合えるのではないか。

と考えました。

お母さんはホントにホントに嬉しかったのではないでしょうか!

津田恒美記念館の候補地や時期は?

津田恒美記念館を作るにあたり、大毅さんは「クラウドファンディング」を利用し、支援を呼びかけました。

そして、驚くことに目標としていた「400万円」はなんと、初日でクリアしました!!

さらに締め切り日までに集まった金額は驚異の「26.275.000円」

支援者の総数は「1,631人」

これだけの方が「津田恒美記念館」の実現を願っているということです!

そして気になる場所(候補地)なんですが

・マツダスタジアム周辺

・広島市内

・広島駅

たどが候補に上がっているようです。広島カープというチームは、一致団結の素敵なチームだよな〜とつくづく感じました。

さらに開館の時期ですが、

2018年

・7月20日の命日

・8月1日の誕生日

のどちらかにしたいと考えているようです!!

本日のまとめ!

津田恒美さん、大毅さんみたいな息子を持って幸せですね。きっと天国で泣きながら喜んでいるでしょうね!

現在、大毅さんは津田恒美記念館のPRを兼ねて、以前から挑戦したかった

出典:https://twitter.com/daiki141016

「自転車での日本一周」

にチャレンジしています。全国の津田恒美ファンと出会って「津田恒美の息子です!」と自己紹介しているのではないでしょうか!

大毅さんは津田恒美記念館を1年や2年で終わらせず、長く続けていきたい!とも話していました。

2018年の開館へ向けて頑張って頂きたいですね!応援していきたいと思います!

それでは最後までお付き合い頂き、どうもありがとうございました!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク