リュウグウノツカイの生態と地震とは関係ある?味は美味しいの?

シェアする

リュウグウノツカイという深海魚をご存知ですか?

すっごく大きくて「ザ・深海魚」というイメージの魚さんです!笑

そのリュウグウノツカイなんですけど、「地震の前兆」に現れるという噂が流れています

今日はそんなリュウグウノツカイの生態や噂について調べてみたいと思います!

リュウグウノツカイはどんな生物か気になる!

第一印象は「太刀魚」に似てると思いました

色は銀と青のグラデーションのような色合い

そして真っ赤できれいな背びれが思わず見入ってしまいます

なんともキレイな魚ですよね

そしてデカい!!

体長はよくあるサイズでも「3メートル前後」

発見された大型サイズでは「11メートル」という化け物サイズも見つかっているというからビビります!

となりで泳いでたら「うおっ、〇ぬかも、、」と思ってしまいそうですよね

生息している海は「インド洋・太平洋・大西洋・日本海」など世界中にいると話しています

生息している場所は「水深100メートルから300メートル」

泳ぎ方は「垂直で立ち泳ぎ」

移動するときは「斜めになってヒレを動かして進みます」

通常は「立ったままでゆらゆら」

リュウグウノツカイと地震の関係は?

個人的にかなり気になるリュウグウノツカイと地震の関係なのですが

基本的には「ない」ということなんですが

2019年に入り、兵庫県・富山県・沖縄県と相次いで捕獲されています

こう何匹も捕まるとなんか不気味な感じがしませんか?

台湾では「地震魚」という名前もついているくらいですからね

直接的な関係はないということですが

地震の前兆で「普段見ることのない生物」がなんらかの反応で行動を起こし、発見されるということもあり得るので、一概に全く関係ないということは無いのかもしれないのかもしれませんね。

リュウグウノツカイは美味しいのか?味は?

まあ、、気になりますよね、味。

調べてみたところ、食べてる方がいるんですよね

まずリュウグウノツカイは「白身」の魚に近い

ある方は、筋肉はほとんど無いようで、15分「煮ても」まだ水分が出てべちゃべちゃしていて食感で

味は美味しくなかったそうです

ですがさらに調べてみると、おいしかったという方も!

「唐揚げや塩焼き」にして食べたそうなんですが、まあまあ美味しかったようです

なんでも「あらだしのみそ汁」だと普通にうまいという噂も

ということは「食べ方」によって美味しさが変わると!

恐らく「煮る系」には向かない魚なのかもしれませんね!

リュウグウノツカイのまとめ!

本日はリュウグウノツカイについてどんな場所で、どんな泳ぎ方で

さらに美味しいのか?ということに関して調べてみましたが

正直あんまり食べたいとは思いませんでした。笑

地震に関しても、直接関係は無いにしてもなんか怖いものがありますね

地球を大事にしないといけないなと、つくづく感じました。

それでは最後までありがとうございました!