大掃除がやりたくない!楽にする方法は?由来や海外はどうなのか調査!

スポンサーリンク

大掃除がやりたくない!最低限やっとかなくちゃいけない場所はどこでしょう?

皆さん、こんにちは!

 

年末になると憂鬱になる方も多いはず。

お仕事をされている方はせっかくの大型連休になるのに

 

 

年末は片付け、大掃除

年始は親戚巡りやお料理など

「全然ゆっくりできない!」と思っている方、管理人も同じです!

 

 

だったらせめて、楽にできるところは楽をしたいと思いません??

ですので、年末の大掃除がどうにか楽にならないか?調べてみようと思いました!

 

 

なんと!海外では年末は大掃除しないところもあることが分かりました!、、マジか。

でもまあ、さすがに何もしないというのも気が引けるので最低限、これだけしていれば新年を気持ち良く迎えられる

 

「掃除をするべき場所」

 

をまとめてみました!管理人もしたくない、めんどくさいですが頑張りましょう!!

 

さらに今日は海外の大掃除やなぜ年末なのか?その由来についても調べてみました!

ではよろしくお願いします!

スポンサーリンク

海外の大掃除事情は?

イギリスやドイツなどヨーロッパの国々では大掃除は「春」に行います。

アメリカも大掃除は「春」に行います。

そうなんです!欧米諸国は大掃除を少し暖かくなってきた春先にやっちゃうんです!

ネーミングもありまして、

 

「スプリング・クリーニング」

 

というんですよ。寒い時期には暖炉を炊く事が多いので、少し暖かくなって暖炉がいらなくなってくる頃に大掃除となった言われがあるみたいです!

 

ちなみに中国は旧正月にあたる「春節」の頃に行うようです。(2018年は2月16日ですね。)

シンガポールや韓国なども春節の方が多いようですね。

 

日本の大掃除の由来は?

そもそもなんで年末に大掃除かと言いますと、

日本にはお寺や神社がありますよね、そこが年の瀬になると

 

「すす払い」

 

つまり1年の汚れを落として、

「新年は気持ち良く神様を迎えましょう!」

 

というところが起源とされていますね。

ここだけはお掃除しときたい!3つの場所!

1・水まわり

お風呂やトイレ、キッチンなどの水まわりですね。

ここはキレイにしておかないと

 

「運気」が下がる

 

た言われる場所ですからね、新年を迎える前にキレイにしたい場所ですね!

出来ることなら少し前から掃除し始めることを推奨しますね、

キッチンの油汚れなどには「重曹」が良いみたいですね!

 

管理人も朝起きたら、まずは「トイレ掃除」

しかも拭き上げるところまでしちゃいます、毎日してるとそうそう汚れは溜まらないので、

 

・清潔に感じる

・臭くない

 

とメリットは意外に多いですよ!「え〜毎日〜」と思うかもしれませんが「慣れ」です。

2週間続けば「習慣」になるまであと少しです!

 

ちなみにお風呂も同様にしてます。(こっちは結構大変ですね。慣れてもめんどくさいです。)

 

何よりまとめて掃除するんではなく

 

「徐々にやっておく。」

 

これがやっぱり一番効率がいいです!(1番難しいですが。)

 

ご夫婦であれば、我が家のように旦那にさせればいいんです!笑

 

結論:水まわりの掃除は楽をしたかったら12月に入ったら徐々に始めるか、

普段から習慣付けておく事が1番の近道ですね。

2・玄関

家の入り口と出口を担う「玄関」

 

ここもキレイな方が運気が上がると言われています。良い運もここから入ってくるわけですからね!

 

1年間の安全を願うのであれば「行ってきます。」と始まる

 

「玄関」はキレイにして新年を迎えたいですね!

 

ホウキではくだけでなく、拭き掃除もしときましょう。

出来れば洗剤を使ってブラシで掃除が1番ですが。

 

もちろん12月に入ったらこれも徐々に始めれば、後が楽ですよ!

3・窓ガラス

これが1番めんどくさいと思っている男性は多いと思います!

 

ということで窓掃除が効率的に(チャッチャと)終わらせたい管理人が1番簡単な方法を見つけてきました!

 

準備するものは

1.ガラス用洗剤(マジックリンとか、2度拭きいらずのもの)

2.スクイージー

3.ストッキングの使い古しで作ったたわし

4.ゴム手袋

 

掃除方法は簡単です!

 

・ゴム手袋を付け、窓をある程度濡らします。

 

・下の方にある少し頑固な汚れはストッキングたわしを湿らせ洗剤を付けてある程度落としておきます。

 

・窓ガラスに洗剤を「Z」の方向に散布

 

・上から下に向かってスクイージーで拭き取る!

 

これだけです!

洗剤が「2度拭きいらず」というのがキモですね。

 

花王のガラスマジックリンという洗剤は、拭いた後の筋も残らないと評判が良いみたいなので今年はこれにします。窓掃除はお父さんの役目でしょうから。

 

 

ということ掃除しとくべき場所と方法について調べてみましたが、

 

「何事も前もってやっておく。」

これが全てかなと思いましたね。分かってるんですけどね。苦笑

 

 

年末の汚れは来年に持ち越さないように皆さん頑張りましょうね、

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメント