門井慶喜のプロフィールは?銀河鉄道の父が直木賞を受賞!あらすじは?賞金や作品も調査!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スポンサーリンク

「銀河鉄道の父」とは

宮沢賢治のお父さんの物語なんです!!

第158回「直木賞・芥川賞」の選考会2018年1月16日に行われました。

今回、直木賞を受賞されました小説家さんは

「門井慶喜」さんです。

そして受賞作品は「銀河鉄道の父」という作品での受賞となりました。
おめでとうございます!!

そこで今回は直木賞受賞の小説家

「門井慶喜」さんのプロフィールやその他の作品について調べてみたいと思います!!

スポンサーリンク

門井慶喜さんのプロフィールや経歴は?

『名 前』門井慶喜(かどい よしのぶ)

『生年月日』1971年11月2日

『出 身』群馬県生まれ。栃木県育ち

『職 業』小説家・推理作家

『高 校』栃木県立宇都宮東高等学校

『大 学』同支社大学

単行本デビュー作は2006年「天才たちの値段」

推理小説も得意とされているので、頭の良い方なんだろうと思います。

なかなか本を読む機会がない管理人なんで、小説家の方などを本当に尊敬しますね、一体どうやったら「本」が書けるのか?

言葉の使い方のプロですからね!

門井慶喜さんの経歴は?

2000年に推理小説を対象とした公募新人文学賞に初めて応募。

2003年に「キッドナッパーズ」第42回オール讀物推理小説新人賞を受賞。

2015年に「東京帝大叡古教授」で第153回「直木賞」候補となりました。

こちらの作品を原作として「叡古教授の事件簿」というタイトル、俳優の「藤木直人」さん主演でドラマ化もされましたね。

さらに2016年に「家康、江戸を建てる」という作品で第155回「直木賞」候補となり、

ついに2017年下半期「銀河鉄道の父」で第158回「直木賞」を受賞されました。

ちなみに「直木賞」の賞金は

・正賞として「懐中時計」

・副賞として「賞金100万円」

懐中時計っていいですね。作家さんにピッタリだと思いませんか?

賞金目的ではないでしょうけど、、もらったらやっぱり嬉しいですよね!

門井慶喜さんの本を電子書籍で読むなら!

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

門井慶喜さんの作品を調査!

デビュー作から順にご紹介したいと思います!

天才たちの値段

・人形の部屋

・パラドックス実践 雄弁学園の教師たち

・おさがしの本は

・天才までの距離

・血統

・この世に一つの本

・小説あります

・竹島

・ぼくらの近代建築デラックス!

・若桜鉄道うぐいす駅

・ホテル・コンシェルジュ

・シュンスケ!

・かまさん

・こちら警視庁美術犯罪捜査班

注文の多い美術館

東京帝大叡古教授

・新選組颯爽録

・マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代

家康、江戸を建てる

・ゆけ、おりょう

・屋根をかける人

銀河鉄道の父

・にっぽんの履歴書(2018年1月31日発売予定)

たくさんの作品を出版されていますね、気になるタイトルもあります。

私は歴史に興味があるので「家康、江戸を建てる」という作品が気になっています、「銀河鉄道の父」と合わせて読んでみようと思います!

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

銀河鉄道の父のあらすじは?

門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」という作品なんですが、

主人公が、、かの有名な「宮沢賢治」のお父さん

宮澤政次郎です。

あらすじですが、宮沢賢治の生涯を父親という目線で見た作品になっているようです。

質屋を経営し、成功している父・政次郎

もっとでかいことをやって一発当ててやる!という息子・賢治

そしてそんなお父さんとお母さん、お兄ちゃん、妹や弟から愛された妹・トシ

現在でいう「イクメン」という存在の政次郎、賢治が病気の時は自らが看病し、お金も与えることもありましたが、やっぱりかわいい子供です。

そして、残念ながらそんな子供たちを看取ることになった政次郎の一生を描いた作品です。

感想や口コミは?

評判はかなりいいですね。

・最後まで温かい父と息子の物語だった。

・宮沢賢治の作品を読みたくなった。

・お父さんの愛情の深さを感じる。

など悪い方の口コミも探してみたのですが、見つからないほど評判が良かったです。

私も子を持つ親なんですが、子供を看取るというのは耐えきれる自信がありません。

ぜひとも読んでみたい、というか読みますね。

今回は門井慶喜さんが直木賞を受賞されましたので、

銀河鉄道の父とその他の作品や経歴などについて調べてみました。小説家は作品で人々を魅了するのでとても素敵な職業だなと思いますね。

あらすじを知っただけで、「かっこいい父親にならなきゃな」と思いましたからね。

これからも素晴らしい作品を期待したいですね!応援していきたいと思います!
門井慶喜さんの作品を電子書籍でもご覧いただけます!

イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク