除草剤の代わりになるもの・ならないもの(撒いちゃダメなやつ)戸建て住宅編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

除草剤の代わりになるもの・ならないもの(撒いちゃダメなやつ)住宅編

今日は、そろそろ鬱陶しくなってきた「ヤツ」

そう「雑草」です。

よりによって我が家には「スギナ」という、聞けば雑草の中でも特に厄介な種類が生えてきてます。

植木屋さんや住宅メーカーの方にどうすればやっつける事が出来るか?

そして「やっちゃダメな方法」と理由を調べてみたのでシェアさせて頂きたいと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家に「スギナ」がやってきた!怒

昨年、小さいですが念願の住宅ローン地獄に突入(田舎なので都会の方が思っている半額以下ですよ。)

初めての春が来てます。

砂利を敷いているのですが、、、そのすき間からちょこんと顔を出す緑のヤツが

無知な僕は(植物とかは縁もないせいか全くわからない)

まぁすぐ抜けるでしょ。と安易に考えていました。

甘い!

知り合いの人に聞いてみると、こやつの名は「スギナ」雑草の中でもトップクラスに君臨する厄介モノだと言うじゃないですか!!

がびちょ〜ん!

若干ですが神経質な僕はヤツと戦う事を決めたのです。

除草剤が効かん!

まず最初はやっぱり「除草剤」でしょ。

10センチほど伸びてからホームセンターで除草剤を購入し、腐れ!このヤロー!!

と念じながら撒いてやりましたよ!ドヤ顔で。

一旦は腐れて枯れます。(効果が出るまで数日)

表面上は!!

だが!しか〜し!

しばらくするとす〜ぐ「おかえりなさい。」です。

これにはビックリですよ。

マズイな(また奥さんに叱られる)と思った僕はしっかりと調べてみることにしました。

スギナは根が深い!らしい。

さすがは雑草トップクラスの選手ですね

詳しい方に聞いてみたら「根っこ」がやたら「深くて長い」ということを教えてもらいました。

そしてその方と対応策を考えて、考えて。

いくつかの案を出してみました。そしてそれを行なって「良いか?」調べてみました!

スギナの対応策!行なって良いか?悪いか?理由込み!

1.除草剤を濃いめに撒く。

効く効くって書いてありますが、希釈タイプの除草剤を相当な濃さで撒けば効くのでしょうが、、、コストがかかりすぎる。

さらに1回ではほぼ全滅は望めないため何回も撒かなければならないため厳しそう

今回は住宅地なので、体に害が無いものを選んでいます。

2.塩をまく

次に考えたのが「塩をまく」

よく雪が積もった際に道路に撒いている白い粒状の薬剤(山道を)通ると見たことある人いると思いますが

あれは「塩化カルシウム」と呼ばれるものです。

塩分なので撒くことで、熱を持ち雪を溶かすというわけです。

それを実行しようと思ったのですが、、、

ダメ!よくない方法ですよ!

風水的にもあんまりよくないと奥さんが言ってましたが、何より良くないと思うのは

戸建て住宅には「水道管」が埋まっている場所もありますよね

さらに「住宅の基礎部分」

こちらの2つに対して「塩分」は確実に良くはないらしいのです。

塩をまくことで確かに雑草は出てこなくなると思いますが!

塩分で住宅の劣化を速めてしまう可能性もあることを覚えておいた方が良いと思います!

結局どうすれば良いか?

ベストはやはり

3・防草シートを張る

やっぱり一番良い方法は「防草シート」かなという結論に至りました。

めんどくさいし、お金もかかると思います

ですが環境的にもよく、子供たちのことを考えるのであればやはりこれに落ち着くかなというところでした。

ということで我が家は一度引いた「砂利」をはがして、防草シートを張ることにしました。

我が家は一番レビューも多かったコレ。

やはりよく売れているというのは安心感の目安になりますからね。

今日のまとめ!

今日は除草剤の代わりになるものというタイトルにつて調べてみましたがいかがでしたか?

かなりいろいろ考えたんですけどね。

塩に関しては思いついた時「よしこれだ!」と思ったのに、、、

まあ仕方ないですね!

ちなみにそれでも塩をまいてやる!というツワモノの方は「海水」と同じかそれ以上の塩分濃度にして撒くといいらしいです、あくまでもお勧めはしませんけどね。

ホントには生えなくなるらしいんで。あくまで自己責任でお願いします!

それでは防草シートを選んだ皆さん、一緒に頑張りましょう!

最後までありがとうございました!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク