イモトが登った山の名前と標高(高さ)は?南極大陸最高峰も制覇?【イッテQ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スポンサーリンク

イモトアヤコを尊敬します!
あなたすげぇよ!!

大人気テレビ番組「世界の果てまでイッテQ」

毎週様々な芸能人があらゆる世界のイベントや祭りに挑戦する番組ですが、その番組のコーナーの1つに

「イッテQ登山部」

今日はこれまでイモトアヤコさんが登ってきた

「8つの山」

その名だたる山々についてご紹介したいと思います!

標高などを見ているとイモトがどれだけすごいのかを感じられるかもしれないです!

ではでは、よろしくお願いします!

スポンサーリンク

最初の山「キリマンジャロ」

2009年5月 登頂!

標高は「5895メートル」

タンザニアにある、山脈をもたない独立した山の中では最高峰なんです。

いきなり5000m級に登るとかテレビは怖いですね!

ここからプライベートでは山に登りたくないイモトアヤコさんの登山シリーズが始まったんです!

2番目の山「モンブラン」

2010年8月 登頂!

標高は4810メートル

続いては西ヨーロッパ最高峰の「モンブラン」

教科書で一度は聞いたことがあるはず「アルプス山脈」の最高峰なんです!

第3の山「アコンカグア」

2011年12月 途中で断念

標高「6960メートル」

残り数百メートルのところで悪天候のため、仕方なく諦めることになりました。

南米大陸最高峰は喝を入れてくれたのでしょう!

キリマンジャロ、モンブランと順調にきていたので「イケる」と思っていたようですが、

山はそんなに甘くない。ということを感じたそうです。

第4の山「マッターホルン」

2012年9月8日 登頂!

標高「4478メートル」

別名「アルプスの角」

この時は8月からトレーニングに入り、日本最難関の岩山「剱岳」で鍛え上げてからの挑戦でした。

第5の山「マナスル 」

2013年10月2日 登頂!

この山は標高すごいですよ!なんと「8163メートル!」

世界第8位の山です。

名前の意味は「精霊の山」と呼ばれていて、なんか神秘的ですよね。

登るのもやはり怖くて、辛くて、泣きたくて、、でも登り切るイモトアヤコさんがカッコいいです!

番外編「キナバル 」

2014年 登頂!

標高「4095メートル」

マレーシア最高峰の山ですね。

この時は「いとうあさこ」さん、「大島美幸」さんが一緒に登頂されてます。同じ番組で汗を流す仲間と登るのもまた、嬉しいのではないですかね!

番外編「エベレスト」途中で断念

第6の山「マッキンリー 」

2015年6月 登頂!

標高「6168メートル」

北米最高峰の山です。

この時は電気、ガス、水道、電波全てが登山期間中、全て無かったので「生活面」では1番のキツさだったと話しています。

第7の山「アイガー 」

2016年8月 登頂!

標高「3970メートル」

スイスを代表する山です。しかし別名は「死の壁」怖い〜

寒い国にあるだけあって、登山は標高の割に相当大変だったようですが登り切って、

死ぬほどカッコいい山だったみたいですよ!

第8の山「ヴィンソン・マシフ 」

2018年12月〜1月

ついにここまで来たか!と言いたくなる場所

南極大陸

その南極大陸の最高峰がこの「ヴィンソン・マシフ」です。

標高は4892メートルとやはり高い、寒さも痛いを通り越してくるでしょうから

イモトアヤコさんの根性には感動させられますね。

ちなみにこれのせいで安室奈美恵さんの紅白が、、、録画してなかったらしく(まさか出ると思ってなかったようで。)

泣いて悔しがってましたね。笑

イモトアヤコさんが登った山のまとめ!

今回ご紹介しました8つの山以外にも「トレーニング」で日本の山にもいくつか登頂されています。

テレビの企画とはいえ、体力を付けて、自分の足で歩いて登るわけですからね

ホント尊敬します!登りきった後の達成感は相当なものなんでしょうね!

世界14座の名前やデスゾーンが怖い!標高の高いランキング順にしてみた!
世界で標高の高い山を並べてみました! 登山家の最終目標とでも言いましょうか。 「8000m峰・全...

ちなみにこちらは世界に14座存在する8000m級の山をご紹介しています!

イッテQ登山部はどこまで進んでるいくんでしょうね!楽しみです!くれぐれも事故にだけは本当に気をつけて頂きたいと思います!

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク