大寒波に備えて準備するものや買っておいた方がいいものと水道管の対処は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スポンサーリンク

大寒波に備えて準備はしておきましょう!

今日は事前に「大雪が降る。」

と分かっていた場合

どういったモノを準備して、そして備えれば良いかについて考えてみます。

・水道管が凍る

・電気が止まる

それはすなわち普段の生活の大ピンチですからね!

そんな時に困らないようにする為に!

これだけ揃っていれば、しばらくは大丈夫だろう!

と思える範囲まで考えてみました!たくさんありますが安全を考えてみると最低限でもこのくらいかなと思います!

では、よろしくお願いします!
スポンサーリンク

寒波の時に「生活必需品」で準備しておいた方が良いもの

・飲み物(水や飲料水)

・浴槽に水をはっておく。

理由は?

これら「水関係」ですが、当たり前なんですが、雪で水道管が凍った場合は水が出ません。

それが連日続いてしまったら、、考えると怖いですね。

2週間の断水を経験したことのある管理人が言います。

「生きていく上で水分は必要なので準備をしておいて困ることはないです。さらに日常生活の中で水はすっごく必要ですよ!」

ペットボトルに入れておけばしばらくは持ちますし。

飲み水となれば1日1人当たり「2リットル」ほどは考えておいた方がよろしいかと思います。

そして、水は飲むだけではありません。

・「トイレ」を流す時
・「お風呂に入れない時」
・「インスタント食品」

など使用する場面はいくらでもあります。

特に小さなお子さんがおられるご家庭は早めのご準備が心配を減らす事にもなると思います。

食料品も備えておいた方がよい。

肉・野菜(高騰どころか入荷も厳しいという話です。)

・パン

・缶詰

理由は?

これら食料品もできれば準備しておきたいですね。

確実に在庫の確保が厳しくなってくると思うので。

ただでさえ高騰している野菜関係は激戦が予想できますので、先手を打っても良いと思います。

長持ちしない食材から食べていけば大丈夫ですし

さらにインスタント食品であれば「非常時の備え」として考えて備蓄しておいて良いでしょう。

そしてそれに付随するといいますか、あれば助かるのが

・ガスコンロ

・ガスボンベ

これと水があれば「温まる」ことができます。

ラーメンやお茶、コーヒーなどを飲むことができます。と考えてみますと必要だと思いますよね?

暖をとる為の準備しておくもの

・毛布、寝袋

理由は?

電気が止まったら大変な事になりますよ?

毛布や布団は夏物も引っ張りだしちゃいましょう!

寝袋については、私も寝た事あるんですが、

本当に暖かい!!

値段や質によっても違うとは思いますが暖房器具が万が一止まってしまった場合のことを考えた場合

布団では厳しい可能性も出てくるので「念には念を」のタイプの方は「寝袋」も準備して良いと思います。

さらにもっと言いますと

・ストーブ(灯油タイプ)

・灯油(ストーブをお持ちの家)

この2つはセットですからね。

雪くらいで電気が止まらないと思っていたら、、凍えますよ。

「大雪が降る」と分かっているなら電気が止まることまで想定して問題はないでしょう。

事前にやっておきたいこと。

・水道管に専用の凍結防止スポンジ、無ければ要らないタオルなどを厚めに巻いて下さい。

これは実際に我が家の水道管が凍った時にかなり不便だったことを覚えていたので

雪の降る前の日には地上に出ている水道管には凍結しないよう事前に対処しておきます。

最近の新築は凍結防止で水が循環してくれるので安心ですが、

昔の家屋は水道管か見えているご家庭もたくさんありますからね、あなたのおじいちゃんやおばあちゃんのお家は大丈夫でしょうか?

気にしてあげて下さい!

・車にもカバーなどを!

カーポートがあるご家庭は大丈夫でしょうが、そのまま駐車されるご家庭は車も守ってあげてほしいですね。

大雪と前の準備まとめ!

今日は事前に大雪が降ると分かっている場合の事前の対処をご紹介しました。

行き当たりバッタリでケガなどの心配をしないように前もって準備をして頂けると良いなと思います。

*もし出歩かれる場合は転倒には十分注意して「ペンギン歩き」でゆっくりと進んでください!

凍った道で滑らない歩き方は?アイスバーン対策!雪道で履いてはダメな靴は?
凍った道ではペンギン歩きが最強!! 年も明け、冬もホントに寒い時期となってきましたね。 積雪で喜ぶのは、、、子供...

できれば、雪の中では極力行動はせず、ご自宅でゆっくりされることをオススメします!

それではお怪我のないよう気をつけて準備してみて下さい!

最後までご覧頂きありがとうございました!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク