コンビニのエロ本が販売中止の理由が知りたい!販売機のみになる?

シェアする

コンビニのエロ本が販売中止の理由が知りたい!販売機のみになる?

セブンイレブン

ローソン

ファミリーマート

ミニストップ

コンビニ業界のトップの各社が成人誌の販売を中止すると発表がありました。

スマートフォンやタブレット、PCの普及により紙媒体で見ることも少なくなっているという業界ですが

今回のこの決定によって、さらなる大打撃になる事は間違いないのではないかと予想しています。

そこで今回はなぜ?

コンビニから成年誌が消える事になったのか?ということについて調べてきました!

エロ本がコンビニから消える理由はなぜ?

今までずっとコンビニの片隅に置いてあったのになんで今さら販売中止になったのでしょうか?

発端は2017年に千葉市がミニストップに成人誌の取り扱い中止を提案したことから始まったようです

千葉市の提案より2018年1月1日までにミニストップから成人誌が消えました

そして今回のコンビニ大手3社の販売中止という決定

その理由は

「ラグビーワールドカップ2019」

「東京オリンピック2020」

「2025年 大阪万博」

これら 世界規模のイベントで、開催年になれば多くの外国人の方が日本に海外から訪れ、日本を観光することとなりますよね

そうなるとコンビニに成年誌があることで性犯罪を助長してしまう恐れがあったり、印象としてクリーンではなかったため販売中止にしたのではないかと予想しています

なお「成年誌」とは、各都道府県青少年育成条例等で定められた未成年者(18歳未満者)への販売・閲覧等の禁止に該当する雑誌及びそれらに類似する雑誌類(一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会のガイドラインより抜粋)と定められています
これだとパチンコ雑誌も年齢規制をした方が良いと思いますけどね

エロ本をいつでも買える場所が無くなってしまう!

正直、僕個人としてはコンビニで成年誌を買うことはないので打撃は別にないのですが(今は)

やっぱりたまに見かけるんですよね、年配の方が厳選して購入している姿

『そういえば若かりし日に自分が購入した時も悩みに悩んで、レジに行くタイミングを見計らい、勇気を振り絞ったのを思い出しました』

今の若い子達はネットで完結してしまうと思いますが「本」を必要としていた人達も少なからずいると思います

そしてこの販売中止により、購入できる場所がとんでもなく少なくなってしまうのは明らかですね

全部無くさなくても、ほんの数冊分のスペースくらいは残しても良かったのかなと思います

棚には並べずに下の段に平に置くという形もあったのかな?と思います

エロ本の販売中止により受ける影響は?

今回の成年誌の販売中止で大きな影響を受けてしまうのは、やはり「出版している業界」でしょう

ほぼ全ての大手コンビニチェーンが販売中止になるので、それこそ死活問題になることでしょう

そして「勇気ある少年」たちにも成年誌を買う機会は無くなっちゃう訳ですね

これからは「本屋」か「販売機」でしか「エロ本」を買うことはできなくなりますね

都会には販売機はないでしょうけど

時代の流れと言われれば仕方ないのかなと思う複雑なところです

いつまでに無くなるの?とまとめ

成人誌が撤去される日程ですが以下です

セブンイレブン【2019年8月末】

ファミリーマート 【2019年8月末】

ローソン【2019年8月末】

ミニストップ【2018年1月1日】

もちろんですが、ミニストップではすでに成年誌は置いてないですね。

その他のコンビニも2019年内には全て撤去されるものと思います。

今回の販売中止は外国人向けに日本の印象を良く見せる為にしているような気がしてならないのは僕だけですかね?

今まで普通に置いてあっても何も言わなかったのにというのに、これも時代の流れというものなんですかね難しいです!

それでは最後までありがとうございました!