バナナペーパーの作り方や購入方法は?カンボジアにも店舗はある?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

スポンサーリンク

バナナペーパーって水に強くて破れにくいらしい、、

山勢拓弥さんが運営している「一般社団法人Kumae(クマエ)」という団体をご存知でしょうか?

今日ご紹介しますのは、バナナから作られた「紙」

それを作っているのは、カンボジアの「ゴミ山」で働いていた従業員の方たちです。

このバナナペーパーがたくさん売れることでゴミ山で働かなくて済む可能性があるのです

そこで!今日は「バナナペーパー」のご紹介と一体どのようにして作られたいるか?

さらにその購入方法を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

バナナペーパーはどのようにして作られるか調査?


ざっくり説明しちゃダメなんですが分かりやすく説明しますと

1・茎を刈り取る

2・茎を程よい大きさに切り分ける

3・茎の繊維を固い方と柔らかい方に分ける(使うのは固い方)

4・分け終えた繊維の固い部分をお湯で煮詰める。

5・茹で終えた繊維を杵でたたく

6・ハサミですごく細かく刻む

7・液状に戻した繊維を紙すきの要領で仕上げる。

8・乾かして完成!

言葉で言い表すとこのような感じでしょうか?
実際はきっとものすごく大変な作業をされていると思います。

*こちらの動画は「一般社団法人Kumae」の公式サイトより引用しました。

大変そうですよね。日本では自動化されて簡単に手に入るものですが、こちらのバナナペーパーは

「手作りで人が作ったという温かみが感じられる紙」

という印象を受けますね。ホントに素敵な品物ばかりなんです!

Kumaeのバナナペーパーかわいすぎる!!

そしてKumae(クマエ)の皆さんが作ったバナナペーパーで作った作品が、、

すっごくオシャレでかわいいんです!

おもわずプレゼントしたくなるようなものばかりです!!

*Kumae公式サイトより

いかがですか?一部だけご紹介しましたが、かわいいでしょ?

オシャレな「ポストカードや名刺」

さらに「ランチバッグ」まであるようですからね、試行錯誤しながらたくさんの商品を作られているのが分かりますね!

バナナペーパーの購入方法はネット販売は?

カンボジアで制作されている「バナナペーパー」なんですが、

「欲しい、、」と思われた方もおられると思います!

実はこのバナナペーパーの商品ですが、インターネットを通じて購入することが出来ます!(商品制作の都合もあると思います。)

公式サイトの方のバナナペーパーの欄の下の方に商品説明があり、

・名刺

この名刺だけはサイズやデザインなど詳細な打ち合わせがあるようで個別の注文となっています。

*その他の商品

・ポストカード

・商品タグ

・石鹸の包み紙

・アートワーク

・ご要望に合わせて相談、作成の依頼

こちらにつきましては、画像下の「注文」を押し、欲しいと思った商品にチェックをいれ

「メール」を送信する。という手続きになっているようです。

バナナペーパーの購入ができる公式サイトはこちら。

そして次に実際に現地に旅行などで行かれる方は

実店舗の方が2店舗あるようです。

お店の名前は「Ashi」

1店舗目はアンコール・ナイトマーケットというカンボジアのオリジナル商品や欧米系のNGO団体などの店舗の集まりでクオリティの高い品物を探すのであれば、うってつけの場所のようです。

Ashiは中央のマーケットにあるようですね。

そして2店舗目は
アイルランドのバーのそばにある道路7号線、近くのクメール・リリーフ・スパの裏通りにある新しいASHIの店をチェックしてください。

公式サイトより

アンコールワットをご旅行の際は一度見に行かれてはいかがでしょうか!!

バナナペーパーのまとめ!

今回はバナナペーパーの作り方や購入方法についてご紹介させていただきました!

山勢拓弥さんがリーダーとなり、少しずつですが実を結び始めている

「一般社団法人クマエ」の活動ですが、やはり苦労もたくさんあるようで1か月に1回か2回は大きなもめ事があると話していました。

それでも決してあきらめずに頑張り続ける山勢拓弥さんがホントに素敵だと思います。

*山勢拓弥さんとクマエについてはこちらの記事でご紹介しております!

山勢拓弥がカンボジアでKumaeを作ったきっかけは?経歴やプロフィールも調査!
バナナペーパーってご存知ですか? 今回私も初めて知ったのですが収穫の終わった「バナナの茎」って 伐採して...

それでは本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク